スタイリストアシスタントと就職・転職・派遣・アルバイト・専門学校

スタイリストアシスタントの仕事内容は?

スタイリストアシスタントの仕事ですが(スタイリストと聞くと華のある職業のように思われるかもしれませんが)、アシスタント業務は体力勝負の仕事です。仕事をはじめたばかりの頃などは、ほとんど宅配業者といっても過言ではありません・・・。


スタイリストアシスタントの仕事内容は、撮影のたびに服を借りたり、返したりするのがメイン。そんなスタイリストアシスタントにとって必須ともいえるスキルが「土地勘」というと意外に思われるかもしれませんね。スケジュールに沿って、その時々の撮影に合った洋服を揃えなければならないので、どこで調達しなければならないのかを把握している必要があります。


スタイリストアシスタントの仕事には、洋服が好きで、普段からウィンドウショッピングを楽しんでいるような人がぴったりです。

有名スタイリストのアシスタントになるには?

スタイリストアシスタントの仕事内容をよくわかっていないうちから、有名スタイリストをアシストしたいと夢見る方は多いものです。もちろん、夢を追うのはいいことですが、スタイリストの仕事内容を把握してからでも遅くはありませんよね。有名無名はともかく、まずはスタイリストアシスタントとして、実際にスタイリストに付いてみたほうがいいでしょう。


実戦で経験を積みつつ、有名スタイリストがアシスタントを募集していないか普段からアンテナを張っておきます。業界にいれば、仕事をしているうちに声がかかることもないとはいえません。スタイリストアシスタントに応募するときも、経験者であれば優遇されます。有名スタイリストともなるとかなり忙しいですから、スタイリストアシスタントの経験があれば即戦力になれます

未経験でもスタイリストアシスタントになれるの?

スタイリストアシスタントになるためには、専門学校のスタイリスト課に在籍する方法がありますが、いきなりスタイリストアシスタントになる例も多いのです。専門学校に通うのが無駄というわけではありませんが、卒業生が即戦力になれるとも限らないので、仕事を教える手間という点では、どちらも大差ないといえます。


また、スタイリストアシスタント事務所に所属するという方法もあります。こちらは研修期間があるので、現場の仕事に携わりながら給料をもらうことができます。スキルを取得しながら働けるのはもちろん、研修期間が終了すれば社員にもなれる点など魅力的ですね。


スタイリストアシスタントになる夢があるのなら、現場に飛び込まれてみてはいかがでしょうか?スタイリストの世界では、機動力と経験が問われます。